植田美津恵の「楽に死ぬための10の方法」

医学博士・医学ジャーナリスト 植田美津恵の書き下ろしエッセイ。月に1~2回連載します。

楽に死ぬための10の方法

突然訪れた「死の瞬間」の平穏なひととき

現在、日本人の死亡原因のトップは「がん」。 2位が「心臓病」、3位が「肺炎」、4位が「脳卒中」です。ここまではよく知られている病名ですが、では、5位は?6位は…? 平成二十七年の厚生労働省の発表では、5位が「老衰」、6位が「「不慮の事故」です…

お迎え体験を待つ

お迎え体験、あるいはお迎え現象を知っていますか? 死期が近づいたときに、すでに亡くなった自分にとって近しい人が、迎えに来てくれるという体験です。 医師や社会学者らが2007年に行った有名なアンケート調査があります。 遺族を看取った700人に対し、「…

死のイメージ化―具体的に想像してみる

2001年に発表された論文で、「死に至るまでの経過」が紹介されています。 図で示すと次の3つに分類されます。 まず、①。これは、がんなどで亡くなる場合です。ほかと比べると、割に長い間機能が保たれますが、最後の1~2か月くらいで急速に機能が低下し、…

プロローグーなぜ、このテーマ?

人は、誰もが「生きたい」と思っています。 だからこそ、少し具合が悪かったり体調を崩したりすると、すぐにでも病院に行きます。もちろん、痛いとか辛い症状を何とかして欲しいという思いもあるでしょうが、いつ死んでもいいと豪語していた人が、体調を崩し…

連載スタート!

エッセイの連載をスタートします。 テーマは「楽に死ぬための10の方法」。このブログだけで月に1~2回連載していきます。